住宅設備の話

やっぱりトイレはTOTO?

ぐるお

今回はトイレについて考察していきます。現在メーカーとしてはTOTO、LIXIL(INAX)、Panasonicの3社がメジャーです。

外野

お前、トイレはTOTOに決まってるだろ!Panasonicとか家電メーカーだろトイレ作ってるのか?

ぐるお

たしかにトイレ界の王者といえばTOTOですね。パナソニックの登場でシェアは落としているものの、依然トップシェアを誇っていますね。

王者TOTOこんな人におすすめ

余談ですが、TOTOの名前の由来は元々の社名「東洋陶器」からきています。創業100年以上の老舗企業です。長い歴史の中、常にトップを走りぬいてきた企業です。

さて、話を戻しまして、TOTOに限らず各メーカー松竹梅のラインナップを有しており、ピンキリではありますが、ここではメインモデルを中心に評価しています。TOTOのフラッグシップモデルは「ネオレストシリーズ」こちらさすが王者の看板商品だけあって、外観、性能ともトップクラスです。

細かい説明は直接HPを見てもらえばと思います。

こちらでは要点のみお伝えします。

ウォシュレットにこだわりのある方

ご存知の方も多いと思いますが、ウォシュレットはTOTOの商標です。そのため、他社では別の呼び方になっています。

さすがに先駆者だけあって性能はよく、一度使うとTOTOから離れられないというファンも多いです。私はそこまでこだわりはないのですが、ウォシュレット重視の方はTOTOで決まりでしょう。

高い質感を好む方

上級モデルはさすがの高級感があります。サイド棚や手洗いのオプションもおしゃれで、空間デザイン力もすぐれています。TOTOを選ぶならネオレストを選びたいですね。フロートタイプのレストパルFも捨てがたいですが。。(フロートタイプはLIXLもありますが、見た目はTOTOに軍配(個人の感想))

ただし、上級モデルは価格も上級です。。。

ぐるお

ある程度予算に余裕があり、失敗したくないとい方はTOTOを選ぶのが良いでしょう。

2番手LIXIL 元々INAX はこんな人におすすめ

建材大手のLIXILグループのトイレ。元々はINAXという社名でしたが、今はLIXILに統合されています。こちらも老舗です。

トイレの色に個性を出したい方

フラッグシップモデルのサティスシリーズは便器のカラー展開をしています。黒色もあり、壁紙とコーディネートしてシックで個性的なトイレ空間を演出したい方にお勧めです。

掃除のしやすさ重視の方

便器の防汚性能に関しては各社優劣つけにくいところもありますが、サティスに関してはトイレ全体の掃除のしやすさにも配慮しており、LIXILがやや勝っている印象です。

ぐるお

正直TOTO、LIXILは長年切磋琢磨しており優劣つけがたい部分が多いです。こだわりがなければハウスメーカー、工務店の仕入れ状況(割安で仕入れれる方)で良いかもしれません。

黒船到来 Panasonic はこんな人におすすめ

家電のイメージが強いPanasonicですが、建材でも大手メーカーです。2006年からトイレ業界にも参入し、シェア急拡大中です。家庭用はLIXILとほぼ同じくらいのシェアになってきております。

Panasonicの特徴は便器の材質、製法です。上記2社は陶器製です。もちろんある程度の工業化は進んでいますが、人の手にかかる部分も多く、職人技の部分も残っていますが、Panasonicは有機ガラス系材料で工業生産しています。「有機ガラス」と言われると特殊なガラスを想像している方もおられるかもしれませんが、アクリル系の樹脂(プラスチック素材)です。水族館の水槽とか昨今はこのアクリル樹脂系が主流です。樹脂ですので型に流し込んで成型して完成してしまいます。

こう書くと、脆いんじゃないとか傷つきやすいとか心配される方も多くいると思います。もちろん陶器に比べれば表面強度は劣りますが、逆に陶器のように割れないという利点もあります。軽いので大工さんも一人で運んで施工できるというメリットもあります。

みなさんのお宅のお風呂は何製ですか?古い家だと木製、ステンレス製もあるかとは思いますが、大半は樹脂製ですよね。日々樹脂製だからって気にしていますか?

コスト重視の方

Panasonicは上記で説明した通り樹脂化による生産効の率化でコストダウンを図っており、上記2社に比べ1段階安い価格設定になっています。その分の浮いたコストでオプションや手洗い、サイド棚等の空間にコストを割くことができます。

また、アラウーノという名前の通り、専用洗剤(台所用でも可)をセットすることで水洗のたびに泡洗浄してくれます。トビハネ防止泡機能も付いています。

今年発売の中級グレードのS160は性能面とコスト面のバランスが優れています。TOTO、LIXILの中級、下級を選ぶくらいならこちらのほうが良いと思います。

タンクレス最安値?アラウーノV

今新築で家を建てる方はタンクレス式を選択するほうが多いと思います。ただ、正直トイレにコストをかける余裕がない、こだわりもあまりないが、従来のタンク式の古いデザインは嫌だ!という方にはアラウーノVがおすすめです。

アラウーノVにもオプション装備の有無でいろいろグレードがありますが、何もついていないモデルは賃貸についている普通のトイレ並みの値段です。手洗い付きモデルもあり、別で手洗いつける予算もないという方にも対応できます。

ただし、こちらアラウーノという名前ですが、上位機種のような泡洗浄機能はついていません!普通のトイレです。

ぐるお

ちなみに我が家は予算の都合上、工務店の標準仕様のアラウーノVを採用しました。LIXILの安いタイプも選べたのですが、見た目はこちらが良かったので採用しました。もちろん、樹脂製だけあって重厚感は皆無ですが、まぁ家電として割り切っています。ちなみに、おそらくLIXILより安かったのかサイドの板?を工務店がサービスしてくれました。

トイレの寿命。

トイレの寿命。陶器製は割れなければ半永久的に使えそうですが、(LIXILアクアセラミックは100年もつらしい)今時のトイレは、ウォシュレット、水洗ボタン、水を流すのも電子制御です。そのため、便器自体は無事でも他の部分が先にダメになります。さらにタンクレス式は便座一体式が主流のため便座が壊れると交換が大変です。修理部品も新モデルとの相互品でなければ10年くらいで手に入らない可能性があります。高機能化の代償として仕方ありませんが、このことは覚悟しておく必要があります。

まさに家電感覚ですね。エアコン、冷蔵庫等と同じく10年くらいたったら買い替え可能性も念頭に置く必要がありますね。

そういう意味ではPanasonicの方針も間違っていないのかもしれません。

外野

まぁ俺はだれが何を言おうともトイレはTOTOだぜ。

ぐるお

私の外野さんのイメージはこれなのですがね。

LIXILサティスG
外野

…い、いいじゃねか!

以上、トイレの話でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です