土地の話

旗竿地、後悔・失敗?それとも良いの?

ぐるお

さて、今回は旗竿地について考察していきます。 当然ですが問題です。

問題

下記の土地を3分割し、3軒住宅を建てなさい。ただし、どの土地も全面道路に2m以上接するものとする。

外野

こんなの簡単だぜ。ほらよっと。

アイコン名を入力

たしかに正解ではありますが、これだと家が細長くて間取りに苦労しそうですよね? なのでよくあるのが

ぐるお

雇用な形に分割するのが一般的です。こうして左右の土地は旗のような形になりこれが旗竿地です。地価の安い地域であれば上記のような90坪程度でも買い手はつくかもしれませんが、坪60万円となると、土地だけで5000万円超です。そのため売りやすいサイズに分割して販売します。

また、現在の法律では4m幅以上の道路に2m以上土地が接していないと家は建てられません。

旗竿地のメリット・デメリット

旗竿地のメリットは通常地に比べ坪単価が割安です。また、道路から奥にある分通行人の目や車の騒音が少ないというメリットがあります。

デメリットは四方を隣家に囲まれるケースが多く、日当たりが悪い玄関まで距離がある車の出し入れが面倒などあります。

この辺りまでは別のブログでもよく書いてある内容で、おそらく旗竿地を検討している人は覚悟はしています。あとは旗竿地の特性とあなたのライフプランを考えうまく使いこなせるか考えましょう。

こんな旗竿地は嫌だ!

旗竿地とってもピンキリです。下記のような旗竿地は注意が必要です。

①道路隣接幅が3m未満

法律上は2m以上であればOKですが、2mとなると車の種類によっては乗り降りすら怪しい場合があります。さらに重機も侵入しにくいため、建築コストが上がる可能性や土地売却時に不利になるケースもあります。

②やたら長い

たまに旗竿地の参考間取りで車3台ほど縦列駐車しているような土地があります。おそらく多くの方はそのような使い方する方は少ないと思いますので、長い部分は通路としてしか使われず無駄です。もちろん、この無駄な部分の面積を省いて坪単価を計算してもまだ割安なら検討価値はあるかもしれませんが。

③前面道路が狭い、交通量が多い

分譲地で袋小路ならばそれほど心配いりませんが、一般道路の場合で交通量が多い、道路幅が狭いところは日々のバック駐車に苦労しストレスがたまるでしょう。

④旗竿地なのに土地面積が狭い、細長い

旗竿地を選ぶ場合は最低110㎡ほどは欲しいです。竿の部分の長さにもよりますが、ここで面積を取られる分、広めの土地でないと、奥に立つ土地も小さくなって窮屈です。さらに、4方が隣家に囲まれている分、できるだけ内部にもゆとりを持ち隣家と距離を取りたいです。また、吹き抜け、中庭等も取り入れ、解放的な家づくりをしたい方はその分の面積も必要です。

旗竿地に向いている人、いない人

ぐるお

以上、旗竿地についてでした。向いている方は選択肢に入れてみるもの良いかもしれません。土地代を抑えることで家をグレードアップできますので。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。