はじめに読むページ

家づくりは結婚式??

このブログを読むみなさんはもちろん今回が初めてのマイホーム作りですよね?そしておそらく最初で最後のマイホーム作りになるとは思います。そのため、やることすべて初めての体験になるかと思います。その中で、何とか感覚をつかんでもらおうと考えた所、自身の中では「結婚式」が一番近い経験と感じました。結婚式をしていない、海外でチャチャっとした人も多くいるかもしれませんが、結婚式を国内でがっつりされた方は、当時いろいろ苦労されたと思います。費用についても、ちょこちょこオプション費用を取られ、300万円で見積もらったのに結局総費用400万円越えという方もざらにいると思います。以下、結婚式との共通点をまとめました。

デカいホテルですりゃ良いってものでもない。

リッツカールトンで結婚式をすれば絶対良いという訳でもないですよね。もちろん一流ホテルは人材、経験、設備等充実しているので大外れはなさそうですが、ゲストハウスで個性を出すほうが自分の好みに合う方も多くいます。家づくりも同じで、大手ハウスメーカーの安定感は抜群ですが、オリジナリティを出すには個性派工務店で一から十まで作りこむ方が良いかもしれません。

金銭感覚がおかしくなるのには気を付けて。

普段の買い物では1万円以上だと結構躊躇する人でも、結婚式ですと数万UPはすんなり進めてしまいます。見積はほぼ最低レベルなので、メインはやっぱり牛肉だろ→+1500円×60名=9万円UPなど、えっ、造花なの?本物が良い→10万円など、ポンと数万単位のお金が動きます。私は結婚式で大きなシャンパン型のクラッカーを使いましたは、1発、1万位しました。キャンドルサービスもよくわからない光る液のやつにしました。(値段忘れたが結構高かった。)もちろん、それはそれでよかったので後悔はしていませんが、ちょっと無駄使いした感は否めません。。我が家は300万円見積→420万円でした。家づくりも同じで、数万UPはざらにありますが、やりすぎて3,000万円が結局4,200万円になったでは笑えないですよね。もちろんケチりすぎるとそれはそれで後悔しますし、難しいですが、日ごろの金銭感覚を保ちながらそれぞれの項目を冷静に判断しましょう。

何と言っても人との出会いが大事

結婚式の場合はプランナーさん、家づくりは担当営業の方。この方との相性が、いい家を作る上で半分以上占めるといっても過言ではありません。いい担当者を見つけれれば家づくり勝ったも同然です。

私意見ですが、良い営業パーソンの3か条。

一に、親身であること。直接関係ないことで相談にの乗ってくれるなど自社の利益にならないことにも力を割いてくれる。二に、連絡がスムーズなこと。これから何回もやり取りしますが、こちらの質問事項等に早いレスポンスで回答してくれること、三に、信頼できること。もちろん相手もビジネスですのでできるだけ利益は取りたいです。ただ、こちらの利益前提に動いてくれる。(動いていると思わせてくれる。)ことが重要です。

これは住宅営業に限ったことではありませんね。私も営業職なので日々精進しています。

我が家は地場の工務店で家を建てました。担当の方は若く、正直建具の知識等はこちらのほうが詳しい状況ではありましたし、やや抜けていることろも多かった部分はありましたが、とても一生懸命仕事してくれていたので100点満点ではないですが合格点とします。まぁ変に知識持った私と、態度、言葉づかいに厳しい嫁(鬼)を相手にして相当苦労したことでしょう。(笑)

ぐるお

自分自身100点の人間ではないので、相手に完璧を求めすぎるのも良くありません。なのである程度寛容な心で行きましょう。

外野

俺が家を建てたときは、世話になった営業の兄ちゃんには完成の祝いで金一封1本くれてやったぜ!

ぐるお

1本って100万円ですか?男前ですね。。まぁみなさんも外野さんほどは無理でも、家ができたときに感謝できる営業の人と出会いましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です