住宅設備の話

最強のフローリング? DAIKEN トリニティ

ぐるお

さて、今回はフローリングについて解説していきます。

外野

やはりフローリングは無垢に限る。ウォールナット材の無垢で決まりだ。

ぐるお

もちろん、無垢材の質感、木ならではのあたたみは魅力的です。ただ、デメリットもありますのでそのあたりも説明していきます。

フローリングの種類

 フローリングの種類としては、木そのもので作った無垢床、無垢材を2㎜程度に薄く切ったものと合板を貼って作る挽き板床、無垢材を0.3㎜程度のシートに薄くしたものと合板を貼り合した突板床、木ではなく木目調シートを合板に貼ったシートフローリングと大きく4種類あります。ただし、いずれもピンキリで同じタイプでもいろいろなグレードがあります。

無垢床

無垢床の場合は木の種類によりまず大きく価格が違います。ナチュラル住宅でよく使うパイン材は比較的安価ですので、シートフローリングとそれほどコスト差もありません。高級感のあるウォールナット、チェリーなどになってくると価格は上がります。また、1枚の板のサイズによっても価格が変わります。大判タイプは見栄えもかっこいいですが、相当な価格になります。

無垢材の注意点としては、ワックスがけなどの手入れが必要傷がつきやすい隙間が空きやすくゴミがたまりやすいなどがあります。また、液体物をこぼしたときはいろいろ大変です。

お子様が活発な方は、1,2年で傷だらけという目にあうかもしれません。。。

挽き板、突板床

こちらは表面は無垢材ですがベースに合板を使うことで無垢材より湿度変化による反り等を抑制、さらにコストも抑えることができる商品です。

挽き板は表層部は無垢ですので傷のつきやすさは無垢並みです。

朝日ウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」が有名です。

こちらはその辺の無垢床よりかなり高級感があります。(まぁ値段も高いですが。)

突板はいろいろな会社が作っています。突板タイプは表面強化を図っているものも多く、傷つきにくくなっています。Panasonic「アーキスペックフロアーW」等がおすすめですね。他には大建工業の製品も良いです。大建工業はWPCという木に樹脂を充填する特殊技術で傷に強いフローリングをラインナップしています。国産木材を表面に使用した「日本の樹」シリーズなどがあります。

大建工業 日本の樹 (杉)

シートフローリング

そして、シートフローリングですが、こちら賃貸で使うような安物材から、柄にこだわった高級タイプまであります。年々印刷技術が進化し、節等も忠実に再現してきています。標準グレードとしてはPanasonicベリティス、大建工業ハピアなどがメジャーです。Panasonicはよくも悪くも、上手く見栄えの良いもの作るのが得意ですのでシートフローリングの木目柄は1歩抜きに出ています。大建工業も業界トップクラスの床材メーカーとして近年かなり頑張っています。

そして、大建工業のシートフローリングの上位機種が我が家でも採用したトリニティです。

大建工業 トリニティ

トリニティのすごさ

我が家の床 トリニティ チェリー

トリニティの特徴は、シートを縁までしっかり巻き込んでいることです。通常のシートは表面に平面しか貼っていないので、筋目の部分がどうしても安っぽく見えてしまいますし、立体感にかけます。トリニティは無垢材のような筋目の演出が可能で、よりリアルになっています。

また、柄の再現性もすごく、節等の再現もしておりパターンも豊富ですので、見た目は無垢に限りなく近い仕上がりになっています。1枚のサイズも178×1818と大判を採用しており、部屋を広く見せる効果もあります。各種木材のラインナップがあり、色種類も豊富です。高級な無垢材の柄をコピーしていますのでこれと同じものを本物の無垢材で手に入れようを思うとかなり高くつくと思います。

ちなみに一条工務店のモクリアもトリニティと似ているので、おそらく大建工業のOEMかと思われます。表面の木目柄は一条工務店のオリジナルで製法は大建トリニティなのではと思います。(公表はしていないのであくまでぐるお見解です。)

ただ、トリニティはさすがに通常のシートフローリングに比べるとお値段も高めです。地方工務店レベルですとオプションで数十万UP取られる可能性もありますので、こちらを何がなんでも採用したい方は大建工業とパイプの強い工務店、ハウスメーカーをを検討しましょう。

また、少し余談ですが、シートフローリングは木目調だけでなく石目調もあります。

ハピアフロア 石目柄Ⅱ(鏡面調仕上げ)〈ホワイトオニキス柄〉

これを使えば豪邸の石材床のような仕様にできます。見た目は石ですが、木目シートフローリングと同じく中は合板ですので、普通のフローリングを貼るように施工できます。

どこかのブログで、この石目調に物を落として傷がついたと怒っていた方がおられました。皆様はお分かりかと思いますが、こちら見た目は石ですが、実際は0.1~0.2㎜くらいのシートを合板に貼っているだけですので、硬い物を落とせば普通にへこみますし、シートが破れ合板が見えます。あくまで偽物です。こちらはシートフローリングにしては価格は上位の方ですが、本当の石床に比べれば安いと思います。あくまで割り切って使うものです。石の硬さも欲しい人は本物のタイル材を採用しましょう。

外野

俺の家の玄関はイタリアから取り寄せた石材タイルでバシッと決めてるぜ!まぁ5万円/㎡くらいはしたけどな。

ぐるお

さすが外野さん。レベルが違いますね。私は家が庶民の家なので床だけ石目にしたところでミスマッチなので普通に木目にしています。。

床材は家の中でかなり目を引く部分です。ここをケチると賃貸と大差ない内装になってしまいます。リビングだけでも少しグレードを上げてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、我が家はほぼトリニティです。(トリニティは水濡れはあまりお勧めでないので、洗面とトイレのみエクオスファインⅡです。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。