間取りの話

後悔しない間取りの基本 現状課題の洗い出し

ぐるお

これからマイホームを建てようと考えている方は当然、現状住居に何らかの不満を抱えている人かと思います。後悔しない間取り=現状の不満点を完全解消した間取りとなります。

下記によくある不満点をまとめましたので参考にしてみてください。

不満点:収納

不満でもっとも多いのはやはり収納でしょう。家の中に物があふれている方も多いと思います。収納を最適だけでもかなり後悔しない間取りに近づくことでしょう。

玄関:靴が散乱、コートをかけるところがない。カバン置き場もない。

リビング:収納がないのでニトリの安い棚やカラーボックスを乱立。片付かない。

キッチン:食材を補完する場所がない、食器も少ししか置けない。物があふれ調理スペースがない。

寝室:クローゼットは物置となっており、別にハンガーラックを置いている。そして部屋が狭くなる。

などなど。各場所ごとに不満爆発中かと思います。

マイホームを建てる際は上記不満に対する収納計画を立てる必要があります。家の収納の目安は「収納率(収納面積÷延床面積)」というの指標を使うことがあり、一般に12~15%程度が理想と言われています。ただし、量も重要ですが、場所も重要です。現在の各場所ごとの不満を検証し場所ごとに収納対策をすることを心がけましょう。特に、玄関、キッチン辺りはしっかりと。

また個別記事で対策は紹介随時紹介していきます。

不満点:部屋数不足

子供が大きくなり自分の部屋が欲しいのに足りないというかたも多いでしょう。昨今ではテレワークの方も増え、仕事部屋が欲しいひともいるでしょう。必要部屋数で家の大きさ間取りが大きく変わってきますので、将来のことを踏まえ部屋数は初期段階でしっかり検討しましょう。

不満点:駐車スペース

新婚から車を買ったはいいものの駐車場代が思いのほか高いというかたもおられるでしょう。2台分借りようものなら結構家計を苦しめることもあります。マイホームを建てる際は駐車場もしっかり検討しましょう。この際の注意点として、将来車の数は増える可能性があるかの検討。車種が変わる可能性があるかも検討しましょう。また、自転車の駐輪スペースも検討しましょう。子供が大きくなり、自転車が増えたのと、車もミニバンにしたら、駐車スペースが足りず結局月極を借りることになってしまうのは残念ですよ。

不満点:小さいテレビ

リビングが狭く、32インチのテレビしか置けない。というか部屋が狭いのでテレビとの距離が近い。。(私も賃貸の時はそうでした。)最近は4Kテレビの50インチでも安いメーカーなら5万弱で買えます。一戸建ですので、できればリビングに50インチ以上のテレビはおきたいですね。テレビ台も180㎝くらいは欲しいですね。さらに壁掛けにしたい人も多いかもしれません。ワンランク上のリビングを作るためにはテレビ回りはしっかり検討しましょう。

不満点:トイレ渋滞

賃貸でトイレが2個ついている物件はさすがに無いと思います。そのため、人数が多いとトイレ渋滞を起こすケースもちらほら。我が家は3人ですが、お腹が弱いので意外に多いので2か所設けました。こちらも間取り、コストに影響するので、初期段階で検討しましょう。(なお、我が家は2階トイレの無償増設が契約時の値引条件にしました。)

不満点:狭い風呂

賃貸ですと1,200×1200サイズくらいでしょうし、どうしてもやや窮屈でしょう。一戸建ての場合は基本は1坪(1600×1600)サイズとなりますが、1坪サイズは思ったほど洗い場スペースはありません。1人で入るには十分ですが、家族団らんお風呂派の方は1.25サイズで検討しましょう。さらにお風呂も大きめ希望の場合は1.5坪タイプにしましょう。お風呂サイズはショールームでしっかり実物を見て考えましょう。

不満点:狭いベッド

賃貸ですと主寝室でも6畳ほどしかなく、ダブルベッドが精いっぱいということも。子供と一緒にキングベッドで寝たいという方は主寝室のサイズをしっかり検討しましょう。(間取図作成時にベッドをキングサイズで依頼し配置イメージをしっかり反映してもらいましょう。)

外野

しっかり成果を上げるためには、まずは課題の洗い出しをすることがビジネスの基本だぜ。

ぐるお

さすが、外野さん、わかっていらっしゃる!目先の理想だけ進んで、課題点をないがしろにしていると結局あとでつまづくことになります。まずは、確実に必要な部分を対策し、それでもスペース、予算に余裕があるようなら、趣味スペース等+α生活を豊かにする間取りを考えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。